知って得する!太陽光発電の利便性

太陽光発電とはどんなもの?

太陽光発電システムは、住宅の屋根などにソーラーパネルを取り付け、太陽の光で電気を作るシステムです。
実際の仕組みとしては、ソーラーパネルで太陽の光から電気を作り、パワーコンディショナーと接続箱に電気を集めて、実際に家庭で使用できるAC100ボルトの電力に変換します。
分電盤を通して家中に電力を送りますが、ソーラーパネルでの発電量が少ない時には、電力会社からの電力を購入し、発電量が多くて家庭で使用する電力を上回る場合は、電力会社に売電できます。
太陽光発電システムは、空気を汚さず発電ができる「グリーンエネルギー」と呼ばれていて、2酸化炭素を排出しないので、地球温暖化防止にも役立ち、今注目されているシステムなのです。

太陽光発電のメリット

太陽光発電システムには様々なメリットがあります。
家庭内で発電した電力を家庭内で使用しますので、電力会社から購入する電力を減少させることができ電気代が節約できるのです。太陽光発電システムが働かない夜間は「時間帯別電灯契約」にて電力を購入するとさらに電気代はリーズナブルになります。
また、余った電力を電力会社に買い取ってもらえることもメリットになります。もし、共働きなどで日中に不在にすることが多い家庭であれば、日中の電力のほとんどを売電に回すことができ、大きな収入源となるでしょう。
さらには、自然災害の時などは電力会社の電力が停電になっても、自己発電にて電力を確保することができます。
一般的にソーラーパネルは屋根に取り付けますが、この場合雨風や直射日光から屋根を守ることができるため屋根の耐久性も上がります。