住宅用太陽光発電の仕組みは?コストは?

太陽光発電の仕組みについて

太陽光発電は、家の屋根などにソーラーパネルを取り付けて、太陽の光を利用して発電します。
ソーラーパネルで発電した電気は、パワーコンディソナーと接続箱にてあつめられ、実際に家庭で使用できるAC100Vの電力に変換します。
その後、分電盤を通して家中に電気を送ります。天気が良く発電量が多い時は、日中の家庭で使用する電力のほとんどを賄うことができますが、天候が悪く自己発電で間に合わない時は、電力会社から電力を購入することとなります。
また、家庭での使用電力を上回る発電量があった場合は、電力会社に電気を売電することができます。
太陽光発電システムは2酸化炭素を発生させないためクリーンなエネルギーで、今注目のシステムなのです。

太陽光発電のコストは?

太陽光発電システムを導入するには初期投資が必要です。ソーラーパネルやパワーコンディショナーなどを購入しないといけないからです。
一つの目安として、1キロワット41万円が目安となっています。具体的な費用の目安としては、住宅用の太陽光発電の平均容量は、4.9キロワットとなっていますので、設置価格の目安は工事費込みでおよそ200万円くらいとなるでしょう。
その他、ランニングコストとして、点検・清掃関係、交換や修理に関する費用、保険料、税金などがかかります。
資源エネルギー庁の資料によると、太陽光発電システムのランニングコストは3,600円/キロワット・年とされています。もし、住宅用で4キロワットであれば、年間のランニングコストの目安は14,400円となります。